亀戸天神-御朱印

亀戸天神の御朱印

東京十社の一つの「亀戸天神」に2021/1/1朝と夜2回初詣に行ってきました。コロナの影響で今年は人が蔵前通りまで参列する姿がありませんでした。
毎年午前中10時頃に参拝に行こうならば、1時間は待って参拝することになるのですが、その姿が今年は見れないのは、少し寂しい感じもした。しかし、参拝まで5分で行えてスムーズなのはよかったです。
みんな自粛や時期ずらしで初詣してる様子だったので、どこか申し訳ない感があましたが、空気読まず明るく参拝しちゃてきちゃいました。
そして参拝した後にしっかり御朱印もいただいてき満足な年初めとなりました。
毎年亀戸天神での御朱印はいただいていて、御朱印集め始めた最初の御朱印も亀戸天神です。
このご時世だから書き置きは覚悟でしたがやはりですね。料金は300円で、亀戸天神のパンフもついてきます。
御朱印もシンプルでとても個人的に好きです。あとは「藤まつり限定御朱印」があるみたいなので今年はいただこうと思います。

亀戸天神について

さて、亀戸天神についてですが、ご祭神は、「菅原道真公」が神格化した天満大神(てんまんのおおかみ)またわ天満大自在天神(てんまんだいじざいてんじん)というそうです。
亀戸天神は藤まつりで有名で、二月上旬にも梅祭りも開催されるイベントの多い神社ですね。
亀戸天神には大きな池がありそこには亀と鯉がたくさんいるので、珍しくてのぞいている人が結構います。亀が泳いでる姿が可愛いので、参拝したときには足を止めて見てみるのもいいと思います。
社殿を右斜めからとるとスカイツリーと社殿が映り込み、おすすめの撮影スポットとなってます。今回は昼と夜同じ角度から撮ってみました。夜の社殿綺麗ですね。
参拝のあとは煎餅・くず餅・饅頭など老舗和菓子店があります。有名な「船橋屋」の本店が亀戸天神隣接の蔵前通りに構えてい流ので、是非参拝後の休憩や、お土産等に利用してみてください。夏になるとかき氷がメニューにでて最高に美味しいですよ。

亀戸天神情報

項目情報
亀戸天満宮神社
住所〒136-0071東京都江東区亀戸3丁目6番1号
サイトhttp://kameidotenjin.or.jp/
アクセス方法亀戸駅から徒歩15分

亀戸天神で参拝、御朱印をもらった後には、甘味処で休憩したり、餃子、ホルモンなどのグルメも堪能してみてみるのはどうでしょう?一日遊べる街なので是非楽しんでもらえると思います。

フォローお願い! Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です